FC2ブログ
要注意!
2009 / 07 / 01 ( Wed )
雨の予報でしたが、予報ははずれ。
時折強い陽射しもあり、蒸し暑い一日。
今シーズン初めてニイニイゼミの声を聞きました。
夏は近づいてきています。

小さな命です
今朝、門扉に小さな小さなカタツムリの赤ちゃんを見つけました。
1円玉と比べてもこの小ささです。
このあたりは自然いっぱいですので、この時期このサイズと同じくらいの小さな命をたくさん見ることができます。
カマキリ、バッタ、コオロギ、ナナフシ…みんなみんな小さな小さなこのサイズです。
ついつい「元気に大きくなぁれ」とニッコリしてしまいます。

そして今朝、もう一匹小さな来客が…。
それはアマガエルよりも小さな小さなヒキガエルの赤ちゃんでした。
ですが、このヒキガエルくん…実は要注意です。
ヒキガエルは身を守るため、耳下腺や皮膚から分泌液を出します。
この分泌液には神経系、ステロイド系の毒素が含まれており、毒素にワンコが触れると中毒を起こします。
カエルくんがピョコタンピョコタンと動いていればワンコは面白がって構うこともあるでしょう。
この時期、散歩中にカエルくんがいつどこから出没するとも限りませんので充分気をつけてください。
それから…!
なんとその分泌液が付着した草むらなどに首を突っ込んだり、その草を食べたりするだけでその中毒は起こります。
特にこの時期はできるだけカエルくんがいそうな水辺のお散歩は控えた方がいいでしょう。

スポンサーサイト
21 : 09 : 20 | 豆知識 | page top↑
| ホーム |