FC2ブログ
地震
2006 / 08 / 31 ( Thu )
ジャジャジャジャ~~~ン♪

夕方に結構大きな地震がありました。
我家のワンたちの反応はそれぞれです。
有利は「うん?なぁに~?」といった風でノンビリしています。
有実は結構ビンカンで初期微動が来る数秒前からヴ~~~ッと唸っています。
波美は有実の異変に反応して固まっています。
三者三様とはまさにこのことですね。

我家では人間のものとは別にワンコ用の避難用品も一通り揃えています。
フードにお皿(子供の使わなくなったプラスチックの食器)、トイレシーツにカラーとリード、毛布や新聞紙、タオル類、冬場は使い捨てカイロをバリケンの中に入れてそろえてあります。
万が一避難所での生活になった場合、今までの例ではバリケンに入って静かにしていられるコは避難所に一緒にいられたケースもあったようです。
今後この例が必ずしも適用されるとは限りません。
むしろ難しい状況ではあると思いますが、それでも不安がっているワンコのためにも「安心できる場所」を作ってあげる必要はあります。
ワンコは薄暗くて狭い場所が落ち着くものです。
バリケンに慣れていればより安心できることでしょう。
このような非常事態や電車等公共の交通機関でのお出かけなどに備えて、日ごろからケージトレーニングをしておくことをオススメします。
また災害時にはフードがなく、レスキューのフードが届くまでワンコもお腹を空かせて辛い思いをしたそうです。
人間の食事も救援物資が届くまでの期間、最低3日分は各個人で用意するよう言われています。
ワンコの場合は予備のフードを切らさないように気をつければいいのです。
カラーとリードは必需品…できればキチンと名札もつけておくといいでしょう。
他の雑貨類はワンコガ安心できるため、冬場は暖を取るため、その他何にでも使えます。
災害時にコレを持ってワンコたちを抱えて逃げられるとは思っていません。
普段から危険の少ない場所にハウスを設置し、緊急時にはハウスをさせて急場をしのげるといいですね。
避難用品が活躍するのは命が助かったそのあとです。
ご家族でいざという時の役割分担があるといいかもしれません。

出来れば災害など来ない方がいいに決まっていますが、いざという時のためにはある程度の準備も必要です。
たくさん用意する必要はありませんし、難しく考える必要もありません。
「最低限必要なもの」を確認し、用意してみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト
22 : 42 : 27 | 日常 | page top↑
| ホーム |