FC2ブログ
有実おばぁたんの近況
2017 / 10 / 09 ( Mon )
…というわけで、老犬介護の投稿を再開します。
かれこれ一週間以上も投稿を控えていたので、何からお話して良いのやら。
 
実は有実…あれからタオルでお腹を支えなくてもトコトコと歩けるようになりました。
  

  
獣医さんも奇跡とおっしゃるほどの回復ぶりです。
排泄もなんとか自分で出来ます。
部屋にいる時に排泄したくなると 老犬独特のなき方で教えてくれます。
玄関の軒下から庭に出る一段がなかなか降りることが出来なかったのですが、今は自分で上がり降りします。
時々踏み外したりしていますが、一段なのでそれほど心配はありません。
むしろ自分の脚で、自分の思いのまま歩けることの方が大切だと思い、見守っています。
我が家の庭は門扉に向かって階段を2段降りるレイアウトになっていますが、そちらには行きません。
やはり一段と二段では違うのでしょう。
自分のポテンシャルをしっかり把握しているのはさすがです。
 

 

 
今まで通り波美と一緒に庭でのんびりと過ごすことが出来ています。
 
ただ、すべてが今まで通り…というわけではありません。
グルグル族ですし、行き倒れのようにしか眠ることができません。
眠ったからと 身体の負担が少ないように…とベッドに移動させようとしたり 寒いからと毛布をかけたりすると、すぐに起きてしまいまたグルグル族が始まってしまいます。
また寝てしまっている時の排泄は知らせることができません。
ですから危険回避のためサークルで過ごしてもらい、お互いの負担軽減のため夜はパンツを履いてもらっています。
 

最近有実おばぁたんは『パンツやだー』と文句を言うほど元気になりました😅
 
一度はドクターに 覚悟をするように…と遠回しに言われた有実おばぁたん。
その獣医さんも驚くほどの奇跡の回復のはじめの一歩は『とろとろプリン』でした。
いろいろご意見やご指摘もいただきましたが、余命幾ばくもないと思われる有実でしたから、食べたいもの食べられるものを食べられるだけ与える。
液状のものよりはとろみのあるものの方が口の中に留まりやすく、気管支に入り込みにくい。
糖分と塩分、タンパク質を効率よく摂取するには『とろとろプリン』は理にかなっていたというわけです。
 
プリン3本から始まった有実の快進撃。
これからも日々穏やかに過ごせるように一緒に頑張ろうね💪
 
 
 
みのりの日常はFacebookにて更新中です!
Facebookはアカウントがなくてもご覧いただけます。
よろしければ下記LINKからFacebookへも遊びにいらしてください
Facebookにも遊びに来てワン♪
豆柴専門犬舎湘南みのり宝山荘 Facebook   クリック
皆さまのお越しをお待ち致しておりま~す
応援クリックお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 ブリーダーへ
にほんブログ村  にほんブログ村
スポンサーサイト
21 : 30 : 59 | 老犬介護 | page top↑
| ホーム |