FC2ブログ
悲しい出来事
2007 / 04 / 18 ( Wed )
先日の夏日はどこへやら、冬に逆戻りしたような冷たい雨が降る湘南です。

悲しい出来事がありました。
我が家の近所の大きな公園が急に犬の立ち入りを禁じられてしまったのです。
この近所は車もバイクも自転車も多く、あまり安心してお散歩ができる環境ではないので、この公園はみんなの憩いの場でもありました。
たくさんの木々や花、鳥や虫、ちいさな生き物に遭遇することもあり、季節や自然を感じながらノンビリとお散歩するのが毎日の楽しみでしたので残念でなりません。
立ち入り禁止の理由はワンたちの排泄の処理がきちんとされていないことのようです。
確かに普段から放置された糞便が多く、犬を愛する私たちでも気分の悪いことも多々あり、私も毎日少しでも気持ちよくお散歩したいと思い見つけると拾って帰っていましたが、本当にその多さには驚かされていました。
同じような場所に同じようなものが毎日放置されていることが多いのです。
きっとひと握りの方だと思いますが、そのたったひと握りの方のモラルの欠如により、この近所のワンたちがみんな迷惑しています。
我が家もお散歩のコースを変えざるを得ませんでした…。

言うまでもありませんが…
 ① 愛犬の糞便の処理は飼い主の義務と責任です
   放置は問題外ですが、シャベルで埋めるのも絶対的なルール違反です!
   必ず持ち帰りましょう!!

 ② 公共の場でのノーリードは絶対禁止です
   「ウチの子は大丈夫」なんて考えは通用しませんし、あり得ません。
   犬だって生き物です。
   体調や虫の居所が悪いこともあれば、様々なストレスを抱えることだってあります。
   いつもは大丈夫でも今日はダメかもしれません。
   万が一「ウチの子」がよくても相手がダメかもしれません。
   ノーリードは当然法律でも禁止されています。
  
 ③ フレキシリードも伸ばしすぎてはいけません
   公共の場所にはお子さんやお年よりもいますし、犬が苦手な人だっています。
   いくら繋がれていたからといっても、犬が自由に行き来できる範囲が広いようではノーリードと
   なんら変わりません。
  
  
上記は飼い主として必要最低限のルールです。
「ウチの子は平気」「一人くらい…」という身勝手な考えがトラブルの原因になったり、今回の事のようにたくさんの人に迷惑をかけることになるのです…。
犬の問題に限らず、公共の場では全ての人(や犬)たちに迷惑がかからないよう充分に配慮するのは人として当然のことです。
こんな悲しいことが二度と起こらないよう、皆さんも飼い主としてのモラルやルールについて是非この機会に考え直してみてください。 
スポンサーサイト
15 : 07 : 32 | マナー | page top↑
| ホーム |